<< October 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

スポンサードリンク * - * * - * -

はにわ作ってみました


先週、はにわを作りに埼玉県行田市まで行ってきました。
浦安の自宅から約二時間、ちょっとした小旅行です。





今日のはにわ作りの参加者は4名。
着いて早々タクシーに乗り、向かったのが名物の「フライ屋さん」。
フライといっても揚げているものではなく、お好み焼きの薄っぺらい感じのもの。
これは、「フライ+やきそば」でお値段600円。
4人で食べたので1人150円でした…安っ!

この辺りには「埼玉(さきたま)古墳群」があり、埼玉県の県名発祥の地だそうです。
その名の通り、四方を見渡すと古墳だらけ。
古墳だと聞かされていなければ、ちょっと小高い丘?くらいにしか思えないというのが正直な感想でしたが。
古墳に落ちていた菓子袋に「タラタラしてんじゃね〜よ」と怒られました。
それでは、はにわ作りに向かいましょうー。

「はにわの館」ここではにわを作ります。
料金は土1キロで600円と格安。
館内には出来上がった作品がずらりと並んでいました。
こんな風に完成度の高いものから…

遊び心やアーティスト魂のこもったモノまで、いろいろあります。

それでは早速作りましょう。
まずは先生にお手本を見せていただきます。
「こんな風にこねて…こんな風に積み上げて…」

一通り説明を聞き、はにわ作り開始です!

このように、丸い棒状の土を積み上げていきます。
積んでは馴染ませ、積んでは馴染ませ…。
思っている以上に難しい〜!

なんとなく顔の目星をつけてみました。
まぬけ〜(笑)
じゃーん、これで完成です!
制作時間は約二時間。
なかなか男前なはにわが出来たと思いませんか?

4人のはにわを並べてみました。
四者四様、それぞれの個性がでていますね。
焼きあがりは12月以降になります。
みなさんもいかがですか〜。


*はにわの館:http://www.ikiiki-zaidan.or.jp/haniwa/index.html


(EOS Kiss-Digital)
naomi * あちこち見学 * 19:17 * comments(6) * trackbacks(0)

自衛隊手帳を手に入れた!


海上自衛隊に見学に行った際、購買部で購入した「2006自衛隊手帳」。

ページをめくると「服務の宣誓」がドカーンと。
通常の手帳のように書き込む部分も多いのですが、最後の方に自衛隊に関する膨大な資料が載っています。
電車の乗っているときとかに読んだら、かなり時間潰せると思います。
これまた楽しみ。


海上自衛隊潜入レポはまた後日という事で。
naomi * あちこち見学 * 01:25 * comments(3) * trackbacks(0)

東京トンネリックスに行ってきた。


地下系イベント「東京トンネリックス」行ってきました。




【東京トンネリックス】とは?
史上最大規模の巨大トンネル空間に身を置く特殊な異次元体験とそこに秘められた世界最高峰のテクノロジーを全身で体感する見学会です。(サイトより抜粋)


週末のニュースなどでご覧になられた方も多いと思いますが、ご想像のとおり(笑)私も行っておりました。
ここは「首都高速中央環状線」の工事現場の一角にあたり、以前私が訪れた「中野駅付近」の現場とも、もちろんつながる予定です。


初台の会場に到着すると、既にたくさんの人が。
ヘルメットと軍手を装備し、いざ地下に潜ります!
頭上に気を付けて…ゆっくりと降りていきます。
地底までは30メートル。もちろんエレベーターなんてありません。
下の方を覗いてみると、豆粒くらいの大きさの人がいるのがわかりますか?
落ちないように手すりを強くつかみながらシャッターをきります。

地底に到着。
二つの大きな穴「内回り(黒トンネル)・外回り(白トンネル)」が口を開けています。
今日のイベントは「地底ファッションショー」。
日本の土木服からインスピレーションを受け、パリコレでニッカボッカーズを登場させたデザイナー、ベルンハルト ウィルヘルムの衣装が地底の現場に登場します。
会場となる黒トンネルへ。
ひんやりとしているが湿度が高く、汗ばんできます。
この長いトンネルを、幻想的なライティングとトランス状態に落ちそうな音楽にのって、

モデルとなる現役の現場の職人さん達が歩きました。
記念撮影。みなさん緊張気味でしたが、大役果たした満足感で誇らしげな表情ですね。



一方、白トンネルでは工事に携わる企業の展示がありました。

中野の工事現場も同じ首都高速なのですが、施工方法はまったく異なります。
請け負う会社が違うってこともありますが、周辺の状況や地質の違いなどにより、それぞれの企業が最新のテクノロジーを駆使しています。

シールドマシンでの掘削方法、土の排出方法、その土の再利用・有効活用、火災時の消火活動・非難経路の確保、排気ガスによって汚染された空気の浄化システム・その排出方法など、ありとあらゆる事態を想定し、利便性と安全性、そしてなによりも地球の環境に配慮しながら高速道路は作られていきます。
イベントは二日間で終了しましたが、工事はまだまだ続きます…。


東京トンネリックス:http://www.tokyo-tunnelix.jp/index.html
naomi * あちこち見学 * 18:15 * comments(6) * trackbacks(3)

首都高速工事現場に行ってきた。


いつまで経っても緩和されない都心の渋滞に辟易している皆さんが、首を長くしてその完成を待っているのが「首都高速中央環状線」ではないでしょうか?
「首都高速中央環状線」は品川まで繋がる構想らしく、完成すれば羽田空港までのアクセスもグーンと向上します。
その工事の進捗状況を確認すべく(笑)「JR中央線東中野駅付近」の工事現場に行ってきました〜!





ここはJR東中野駅西口。
地上には「山手通り」そして地下には「JR中央線」「東京メトロ大江戸線」が走っているという公共交通の過密地帯です。
この地下の2電鉄「JR中央線」「東京メトロ大江戸線」の間に「首都高速中央環状線」は開通します。

駅に隣接するプレハブ小屋にて、まず最初に現場に携わる業者さんのご挨拶、そして各々専門的分野から工事の必要性や特別な施工方法など説明がありました。
ここで最低限の知識を頭に叩き込んでから工事現場へと向かいます。

現場には不可欠な「ヘルメット」をかぶり、手には軍手、首にはタオル、そして安全ベルトを着用。

地上の現場から地下の覗いてみると…

地下約30メートル、ビルの9階に相当する巨大な現場がー!
深いー!想像以上に深く巨大な穴が駅のすぐ近くで大きな口をあけていました。

そしていよいよ地下に潜入です。
(青いのが入り口)
もちろんエレベータなんてありません。微妙に揺れるアミアミの階段を一段一段慎重に降りて行きます。

高所恐怖症なわたしにはちょっと辛いですが、現場の方が前後に付いてくださり、その行く末を見守ってくれていました。
下に降りていくと…。




丸1日働いても、その全工程からするとほんのわずかしか進まない作業。
気の遠くなる作業だと思います。
その、わずかな作業の積み重ねによって数年後、私たちはより快適な暮らしを手に入れることができるのです。

お忙しいにも関わらず、どんな質問にも快く対応して頂きました。
この工事に携わる皆さんに感謝感謝です。


*大きな画像はこちら


(EOS Kiss-Digital)
naomi * あちこち見学 * 03:55 * comments(7) * trackbacks(0)

東京ジオサイトプロジェクト4に行ってきた。


*クリックで拡大


東京ジオサイトプロジェクトとは、「共同溝」の工事現場を数日間だけ文化的な目的で使うことに挑戦する実験的プロジェクトで、麻布⇔日比谷共同溝 虎ノ門立坑工事現場がPRプロジェクトの現場として選定されています。
2003年11月にプロジェクト1が開催。
2004年4月プロジェクト2、2004年12月プロジェクト3が開催され、今回のプロジェクト4が最終章となります。




虎ノ門の交差点地下40メートルに潜入。
工事現場なのでヘルメットは必須アイテムです。



*クリックで拡大
訪れたのは8月26日。
この日は「地底音楽堂」と題して音楽会が開催されました。
地底で音楽を聴く。
なんともエキサイティングではありませんか。



立ち込めたスモークにカラフルなライティングが幻想的な雰囲気を高めています。
ちびっこ達が歌ったり・・・


民族楽器に酔いしれたり・・・。
もちろんヘルメットは着用ですから(笑)


*クリックで拡大
音楽会が終わり、いよいよトンネルウォークです。
虎ノ門から新橋までの共同溝1.6キロを歩くのです。


*クリックで拡大
幻想的な世界



*クリックで拡大
湿った空気が漂います



この小さなボルトひとつひとつの力が集結して、大都市を支えています。


*クリックで拡大
直径7.47メートルもあるシールドマシーンの歯にあたる部分。
雨の日も風の日も雪が降る日もシールドマシーンは掘りつづけていました。
そのスピードは、1分で3センチ、1日で10メートルほどです。


*クリックで拡大
みなさんも東京の地底を歩いてみませんか?
ジオサイトプロジェクト:トンネルウォークは、27日・28日開催されています。
歩くのは新橋から赤坂約1.6キロ。
今日は最長4時間待ちとかあったらしいので、もし行かれるなら朝一番が空いているかもしれません。
尚トンネル内は多湿なため、タオル持参、滑らない靴(出来ればスニーカー、サンダルなどでは歩けません)がおすすめです。


*東京ジオサイトプロジェクト:http://www.geo-site.jp/new/index.html


(EOS Kiss-Digital)
naomi * あちこち見学 * 22:50 * comments(13) * trackbacks(0)

首都圏外郭放水路の写真を…


どどーんとUPしました。
大きなサイズなので外部に置いてます。
http://crescent-photo.com/photo/housuiro/Untitled.html
よかったら見てくださいね!


*FLASHスクリプト by 1000leaves


(EOS Kiss-Digital)
naomi * あちこち見学 * 00:10 * comments(16) * trackbacks(0)

首都圏外郭放水路の見学に行ってきた。

(画像はクリックで拡大!)
埼玉県にある「首都圏外郭放水路」の見学に行って来ました。
鳥肌もんです!!
ここは、台風などによる川の氾濫を防ぎ、洪水を未然に防ぐという大プロジェクトからなる壮大な地下施設なのです。
この写真の場所は、増水した川の水を貯めておく水槽部分になります。
幾重にも連なる柱、まるで神殿みたいでしょう!
すてきすてき♪
(画像はクリックで拡大!)
そしてこの写真の場所が、工区と呼ばれるトンネル部分になります。
水槽に貯まった川の水は、このトンネルを通って江戸川に放出されるのです。
勢いよく押し寄せる水群、それはまさに映画のワンシーンみたいなんでしょうね。
圧巻〜。
●地底文化フォーラム:http://www.g-cans.jp/
●首都圏外郭放水路見学会のお知らせ:http://www.ktr.mlit.go.jp/edogawa/topics/event/170428.html


三脚を持っていってなかったのでISO1600or800で撮影しました。
画像荒れてます…(涙)


(EOS Kiss-Digital)
naomi * あちこち見学 * 21:26 * comments(9) * trackbacks(0)

ANAの機体工場に行ってきた。

ANA羽田にあるANAの機体工場にいってきました!


撮影画像の公開は禁止されているのでUPできませんが…。
かなり、いやめちゃくちゃ楽しかったです!
また後ほどPASS付きで公開しますね。
写真は、見学後の浜松町の立ち飲みやです。
モツがめちゃくちゃうまかったです!!!


naomi * あちこち見学 * 00:09 * comments(7) * trackbacks(0)

中央防波堤埋立処分場見学ツアーに行ってきた。

朝9時、東京テレポート駅集合。
東京都環境整備公社が無料で行っている『中央防波堤埋立処分場見学ツアー』に参加しました。




バスを一台貸切、『有明清掃工場→不燃ゴミ処理センター→東京風ぐるま→中央防波堤埋立処分場→夢の島熱帯植物園』を周りました。
毎日の生活スタイルを考えさせられる内容がテンコモリのこのツアー。
詳細はまた明日にでも。


東京都環境整備公社:中央防波堤埋立処分場見学ツアー


(EOS Kiss-Digital)
naomi * あちこち見学 * 21:35 * comments(2) * trackbacks(0)
このページの先頭へ